2009年 02月 07日

滝宮天満宮の梅

滝宮天満宮の境内に梅の花がほころび始めた・・・
f0138879_11345382.jpg

讃岐の国へ赴任中の菅原道真公の遺徳を偲び創建したのが滝宮天満宮です。

f0138879_11373126.jpg

梅の花をこよなく愛で学問の神様としても有名な菅原道真公が讃岐守として赴任し

その後京の帰り左遷された大宰府で詠んだ有名な和歌が

東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな

梅の花が咲くこの季節、丁度受験シーズンにもあたり

随分遠い大昔に子供達の合格祈願に来た事を思い出しました~(笑)








梅の花にはメジロが定番であるが未だ早いのか花が少なくて・・・

梅林からドラミングの音が聞こえ~♪ 演奏していたのはコゲラでした(笑)
f0138879_1139492.jpg

体の割にはしっかりと木につかまるため進化した足の指?が独特で凄い!

f0138879_11401082.jpg

普段はあまり見せない体勢だが~(笑)

f0138879_11422023.jpg
f0138879_114357.jpg
f0138879_11433061.jpg

その他にシジュウカラやヒヨドリと雀達の姿も~

もう少し梅の花が咲き蜜の出る頃が主演のメジロの出番かな~

梅の花一輪咲くごとに春が其処までと感じた参拝でした・・・笑い。
[PR]

by kansai-g | 2009-02-07 11:45 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kansaig.exblog.jp/tb/10302371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takuchan0821 at 2009-02-07 20:19
菅原道真が讃岐に赴任していたっての初めて知りました。
(というより歴史の授業聞いてない?)
沢山の野鳥がいるんですね。野鳥発見テクニック、私も努力して
身につけなきゃ^^
Commented by kansai-g at 2009-02-07 20:43
そうなんです讃岐の国に赴任していました。

歴史の授業では大宰府に左遷され没後京の都で異変が続き
菅原道真の左遷した祟りと恐れ、北野天満宮を創建し霊を弔って
いさめたとか・・・。

野鳥は結構身近にいる事に私も気が付きませんでしたが
その気で観れば我が家も里山に近いので色々飛んできます。
冬場の今が野鳥が種類が多い様な気がします・・・。

春になればkazuパパさんのトンボ&チョウに変わります。
トンボの飛翔写真を捕るため野鳥で練習です・・・笑い。


<< ハジロコチドリ      朝日とメジロ >>