2009年 11月 10日

ベルリンの壁崩壊から20年

東西ドイツが一緒になって早くも20年の月日が流れた、早いものだ~

10年程前仕事でベルリンへ現場研修に行く機会があり、

丁度その頃はベルリン市内ポッダム広場の再開発の真っ只中でした。

ブランデンブルグ門の辺りの御土産屋さんでペイントされたコンクリート壁の欠片を土産に買った事を思い出しました。

御一緒したバウアー社のフローリアン氏から、

統一されても西ドイツ側の高速道路(アウトバーン)は維持保守されているが、

東ドイツ側の道路は相当傷んでいて補修が必要と聞いた。

それと統一により格差が無くなると東ドイツの国民達は思ったのだが・・・、

20周年を迎えた今日でも未だ格差が是正されていない事を知り唖然とする。

元々ドイツ連邦共和国は単一民族の国でないのだが、

戦争により一度引き裂かれた国が再び統一しても、国民皆が同じ国と感じるにはかなりの歳月が必要と・・・とても教訓になりました。

当時デジカメ無しで写真が無いのも寂しいので・・・(笑)
f0138879_20332462.jpg

ミュンヘン市内の写真を・・・。
[PR]

by kansai-g | 2009-11-10 20:35 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kansaig.exblog.jp/tb/12291978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 巨星墜つ      河川敷の散歩 >>