2010年 06月 10日

ハッチョウトンボ

限られた生息環境でしか生きられないハッチョウトンボ

他のトンボはある程度飛翔能力もあり、適合した生息環境への移動もできるだろうが・・・、

このトンボの余りにも小さすぎる翅ではそれも不可能だろう・・・。
f0138879_643153.jpg

ハッチョウトンボ♀



f0138879_654010.jpg

ハッチョウトンボ♂

f0138879_661325.jpg

ハッチョウトンボ♂の未成熟

かって秋津島と言われトンボ舞う国だった日本、こんな環境にしたのは誰の所為だろうか~???
[PR]

by kansai-g | 2010-06-10 06:08 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kansaig.exblog.jp/tb/13932980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さてもさて at 2010-06-10 14:38 x
こんにちは
逆光に輝くハッチョウ好きな画です
♂は赤い部分が多くなるので色飽和を起しやすくなりますね
私は今回は少し絞って彩度を落とし露出も少しアンダー
で撮ってみました
Commented by おやじ at 2010-06-10 18:00 x
昨日は偶然にもお会いできて
また話が出来て楽しかったです
赤い糸は存在しますね~
Commented by kansai-g at 2010-06-10 19:57
こんばんは~
皆が前でマクロレンズで撮っていましたが、後方より望遠で・・・(笑)
本来はマクロで撮るべきでした(反省)
今度はマクロでリベンジしましょう~。
Commented by kansai-g at 2010-06-10 20:02
偶然でしたね、ネクタイ姿素敵でしたよ~(笑)
来週もあちら方面です・・・。
色々と御指導賜り有難うございました<(_ _)>
おやじさんとは本当に赤い糸の存在を感じます・・・。


<< モノサシトンボ&グンバイトンボ      九十九庵 >>