2010年 09月 05日

法然寺五重塔

偶々今建立中の法然寺五重塔へご案内して頂ける機会がありました 感謝!

高松藩主松平家の菩提寺としても知られている法然寺

法然上人の没後800年の大遠忌を迎え建立され来春には落慶法要が・・・。

初代藩主松平頼重公の悲願だった仏舎利を納める厨子が五重塔に安置される。

f0138879_795622.jpg

奈良吉野檜の木の香りが漂う中、初重の心柱に思わず・・・合掌

心柱には相輪のみの加重しかかからない独特な構造の五重塔

その歴史を遡ると飛鳥時代までと説明を受け、
f0138879_712529.jpg

当時の宮大工金剛組は今も日本の寺社建築に深く携わり、伝統や匠の技は引き継がれていると聞いた。

現場管理をされた監督さんから最近はコンクリート構造物ばかりで、

今回五重塔の新築工事に携わり改めて木造建築の素晴らしさを再認識し、

技術者としても原点に立ち戻れと教わった様に感じとったと説明を受けました。

木は燃えなければ構造材として今でも一番だろうとの言葉に感動し見学させて頂いた<(_ _)>

先日、ミュンヘンより来高されたMr.Kさんを、空港へ送る途中五重塔に御案内しました。
f0138879_7125896.jpg

ドイツでもお城を修復するマイスターが激減しているとお聞きし、何処も同じかと・・・???

最後に流暢な日本語で、貴重な五重塔への案内どうもありがとうございますと・・・(笑)
[PR]

by kansai-g | 2010-09-05 07:17 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kansaig.exblog.jp/tb/14535609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by km0103 at 2010-09-05 08:48
こんにちは
成る程、・・・参考になりました。
一般公開の時が有れば行ってみたいですね
PS:Mr.Kさん久方ぶりですがお元気そうですね。
Commented by kansai-g at 2010-09-05 11:59
こんにちは~
すべての事は書ききれませんでしたが、
没後800年と言う事で高さ800尺
プローポーションは興福寺の五重塔に似ています。
Mr.Kさんの子供達も大きくなり、今自宅を新築中との事
敷地500㎡の豪邸らしく?五重塔にも興味を示しましたね~
今年のドイツは例年より夏が暑くならず世界規模で異常気象です。
Commented by おやじ at 2010-09-05 21:16 x
かいこつじんが???
障子の張り替えお疲れでした
正直疲れたでしょう?
Commented by kansai-g at 2010-09-05 21:22
こんばんは~おやじさん
骸骨人でなく外人ですよ~日本語ペラペラの・・・
お父さんがドイツのとあるレンズメーカの??さん
日本で育ち、奥様は日本人ですよ~(笑)


<< マユタテアカネ      アサギマダラが北上 >>