On(恩)& Off

kansaig.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 21日

農耕地の蜻蛉

農耕地でトンボを撮るのは初めて、悠然とギンヤンマが飛翔していました。
f0138879_6431812.jpg

今まで農耕地では野鳥達だけかと思っていましたが・・・(笑)

元来蜻蛉は肉食、餌となる小さな蛾や昆虫達が農耕地には案外多いのかも知れません。

目の前で比較的長くホバリングし、私にとってはラッキーでした~♪



勿論野鳥達もいましたよ~(笑) イソヒヨドリやサギの仲間かな~
f0138879_644226.jpg
f0138879_6443295.jpg

自然豊かな此の農耕地にも冬鳥達が渡って来る日もそう遠くないだろう・・・。

多くの生物の命を育む農耕地だが、時折挨拶をかわす農家の方々の高齢化した姿に、

生物の一種ホモ・サピエンスだけが、自然界のバランスとは少しかけ離れている様に・・・???
[PR]

by kansai-g | 2010-10-21 06:46 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kansaig.exblog.jp/tb/14829806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by km0103 at 2010-10-21 07:32
お早う御座います
久々の漢字表記の「蜻蛉」ですね秋津州を感じます
「生物の一種ホモ・サピエンスだけが・・・」同感です
人類こそが絶滅危惧種の第一位なのではと思います。
また生態系の頂点に居ると思っている愚かな生物が
人類ではないでしょうか。
また、自然を撮らせて頂いて楽しんでいる私も(反省です・・・)
Commented by kansai-g at 2010-10-21 07:54
おはようございます
トンボ達も今年の冬は例年より早いと本能的に気付いているはずです。
人類は環境の変化に対応するため、自然の恵みを忘れ機械で環境をコントロールし過ぎていますね~???
自然界の環境変化への一因となっています。
自然観察から様々な事を考えさせられました・・・。
Commented by おやじ at 2010-10-22 07:13 x
おはようございます
おやじもどちらかと言うと肉食系です
今の若い連中の草食系がどうも理解できなくて
徹夜で寝て悩んでます
Commented by kansai-g at 2010-10-22 07:38
おはようございます
おやじさんの肉食はアりスイとか夢を食べるバクですから~(笑)
最近の若者に草食系の♂と肉食系の♀が増えているらしいですが、
マックと吉牛では何故か余り感じられませんね・・・???


<< 松虫草に群がる蝶達      お遍路参りの季節に・・・ >>