On(恩)& Off

kansaig.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 27日

ギターとの出会い シャープ5との出会い

その後も練習練習の繰り返しの日々が続く。

相変わらずインスツルメントナンバーばかりでしたが、折からのGSブームが大流行となり我がバンドもボーカルに取り組む流れとなりました。

パイオニア的存在は、スパイダース・ブルーコメッツ等でしたが、大ブレイクのきっかけは、タイガース・テンプターズ等今思えばややミーハー的なバンドだったかなぁ~(笑)

当時 福井のライブハウス 紅馬車 で全日本エレキバンドコンテストの優勝バンド「ゲーリー高木とカントリーブラザーズ」のステージが強く印象に残っています。

流石にプロの音と感動した!

また彼らのギター・アンプ・ボーカルマイク等すべて一流の機材、

記憶に間違いが無ければ(笑) リードギターはモズライト

サイドギターはヤマハのブルージーンズタイプ2台

ベースギターはフェンダーのジャズベース

キーボードはヤマハ、ドラムもヤマハ

アンプはテスコ製セパレートタイプ200W級5台、因みにスピーカ部は畳1枚分の大きさと迫力満点!

ボーカルマイクはAKG、おまけにエコーチェンバーはビンソンと超一流の機材でした。

今揃えば?千万以上の機材でしょうね~凄い!機材でした。

まさかこのステージに自分達が立つとは(笑)その時は思いもせずに聴き入っていた。

ビアーガーデン~ダンスホールのステージを数多くこなしていく内に・・・、

「ザ・チャレンジャーズ」の名前も少しは売れてきたのかなぁ~(笑)

ステージのバイト料を少しずつためて2本目のギターを購入、グヤトーン製のマホガニータイプ、

最初のテスコ製のセミアコはステージでボリュームを上げるとハウリングを起こし、ソリッドタイプのギターが早急に迫られ購入した。
f0138879_22211920.jpg

フェンダーのストラトモデルをコピーした様なギターで2PUゆえ少しパワー不足だが、

ネックが細くとても弾きやすくシャキットとした音の出るギターでした。

後にサイドギターのN君に安~く(笑)譲るが・・・。

3本目がグヤトーン製のシャープ5モデル(パールホワイト)です。

ネックが日本刀の刃のようなイメージでピックアップは3個と相当パワーもあり、このギターとは最後まで付き合う。
f0138879_1440291.jpg

今でも名機と呼ばれていて、購入当時は¥45,000円位だった様に記憶していますが、今やプレミアがついて多分数十万でしょう。

後輩のH君に置き土産にした事が今でも悔やまれる・・・(笑)大事にされているかなぁ~シャープ5君。

人に与えられた物より自分で苦労し手に入れた物は大切にし、今思えば当たり前な事を自然に体験していたのですね(笑)

[PR]

by kansai-g | 2007-04-27 20:49 | 私の青春(ギター)


<< ギターとの出会い ライブハウス...      ギターとの出会い 初デビュー >>