On(恩)& Off

kansaig.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 04日

帆船~ミラージュへの想い出~

義父は、漆芸関係の仕事に長く携っていました。

よく付き合わされた釣りや下手な?麻雀・模型飛行機やボートの作成と趣味は多才な義父でした。

本業の漆芸の遺作は、瓢箪に風神と雷神をモチーフにした漆器が我が家の床の間に今でも飾られている。

f0138879_22183185.jpg

もう一つの遺作は、漆芸の仕事で培われた確かな技術・技能の集大成で造られた趣味の帆船造り。

一隻目は“サンタマリア号”、2隻目はフランスの軍艦“ミラージュの帆船”

どこからか市販の模型キットの図面を手に入れ、それを2倍に拡大する。

元来2倍のパーツは市販されていない。

ここからが職人の真骨頂と、各パーツをすべて手作りする。

船体の主要な部分のキールから、小さな滑車数十個にいたるまで何千種類のパーツをすべてを自分で砥ぎ、

独自に改造を加えた長年愛用の彫刻等で創る。

大変根気が要る作業も、苦にしなく黙々と創っていた姿を何度も見かけた。

そんな義父も平成11年4月に他界し、3隻目“カティーサーク”は未完成に終わる。

残念だっただろうなぁ~・・・。

1隻目の「サンタマリア号」は友人がどうしてもとの事で~譲る。

f0138879_21444763.jpg

2隻目の「ミラージュの帆船」は全長150㎝・全高120㎝・全幅50㎝と今でも我が家のリビングで威風堂々と、往時を偲ばせる姿を見せている。

[PR]

by kansai-g | 2007-08-04 10:26 | 雑記


<< 河川敷での花火~友人はどんな想...      ミケイラで~国際交流を愉しむ~ >>