On(恩)& Off

kansaig.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 29日

毎年恒例の~まつたけ三昧に異変が~

10月も下旬になるが、松茸の季節がとの季節感覚の実感が湧いてこない。

地球温暖化現象による9月の異常とも思える気温のせいかなぁ~多分そうだろうと・・・。

f0138879_19212193.jpg

主体が高校の同級生の会合で毎年恒例の楽しみの一つになっている松茸三昧、

皆で昨年は国産と中国産の松茸を贅沢三昧に食べた事を思い出した(笑)

今年は、中国産の食品の安全性の問題がニュースや新聞で取り上げられる様に、

会費の予算上の問題でカナダ産に・・・苦笑。

カナダ産の松茸と韓国産の松茸で去年の半分以下の量とは誰も予想できなかったが、

お互いの近況等を「松茸すきしゃぶ」を食べながらの一時の談笑に話が弾む。

f0138879_19421179.jpg

今年は友人Eさんの奥様が亡くなる不幸な出来事があったが、

全員還暦の割には元気さを感じた(笑)気持だけかもしれないが・・・。

自営業・役人・議員等となっている現況を高校の時に想像する事は不可能に近い・・・大笑。

酒もはずみ、松茸の話が食品の安全性への話題に変わっていき、

不二屋・北海道の白い恋人・赤福・比内鳥・宮崎地鶏etc・・・、

食品の安全性と偽装表示等が此処にきて一気に出てきた。

まだ氷山の一角で、今後出てくる可能性は多いと感じる。

私感であるが、消費者の求める項目の一番目に安いがありきかもと・・・、

食品を製造し偽装したメーカの責任の重さは当然だが、我々消費者も安さが一番の考え方も問題と感じる。

我々の仕事も同じで、本来の順位はS(安全)・C(法令順守)・Q(品質)・C(価格)であるが、

C(法令順守)とC(価格)、頭文字は同じだが取り違えてやしていないか、

また順番もC(価格)・Q(品質)・C(法令順守)・S(安全)と逆の感も否めない。

この傾向は大きく言えば、日本全体のすべての業界に言える事かも知れない・・・。

儲けるには・・・少しでも安く作るにはの考え方が、ややもすると捻じ曲がり、

安全性や法令順守を軽視した企業風土を生んだのかもしれない。

どこの企業にも経営理念にお題目として掲げられているが、実行されていないから今回の様な不祥事が起きると思います。

先人達の教えを尊び目先の利益ばかり追い求めず、連綿のごとく細く永く続く利益の追及が如何に大事な事であるかを認識していれば、

今回の様な不祥事が起きていなかっただろ。

日本産の松茸三昧は高い・・・当たり前の事で当然と自戒の念に駆られた同窓会でもあった(笑)

[PR]

by kansai-g | 2007-10-29 18:42 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kansaig.exblog.jp/tb/6711837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新年の御挨拶      歴史を人を感じた~西条まつり~ >>