2008年 07月 17日

海の貴婦人 海王丸~サンポート高松へ

2年前の今頃、市内の某病院で某ケ所を手術~

術後4日間はベッドで寝た切りの状態・・・
看護婦さんには本当にお世話になりました~m(_)m。

幸いテレビだけは見ることが出来・・・・
サンポート高松に海王丸が寄港のニュースが流れていた。
f0138879_1792749.jpg

好きな帆船の一つで、自分の眼で見たかったのですが儘ならず
家内にお願いし写真に収めてもらいました。

日本を代表する2隻の帆船の1つで海の貴婦人と言われるだけあって美しい。

勿論機走も出来るが風を捉まえ帆を張った姿はもっと美しいと~
f0138879_17112338.jpg

軍艦として使われた不幸な時代もあったが~
大航海時代には大型帆船が世界の海を走る・・・。

帆船には何か~ノスタルジィーを超えたものを感じる。

自然エネルギーの風だけを頼りに走る帆船
エコロジィーや先人達の知恵や文化歴史を感じる。

そう言えば三線小父さんのヨット(波小町)も帆船だったなぁ~笑い。

三線小父さんは常々言っている
「風を捉まえに行くのでは無く~時と空間を捉まえにと~!」

トンボやチョウを捕まえに行くのと訳が違う~m(__)m

その意味がやっと理解できた様な出来てない様な???

先人達の知恵や文化歴史を思い巡らしながらデッキで三線を奏で~♪
日本や世界の将来を憂い???何故か三線の横には酒がぁぁぁ~笑い。
[PR]

by kansai-g | 2008-07-17 18:12 | 雑記 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://kansaig.exblog.jp/tb/8643031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eeko2525 at 2008-07-17 18:54
私も、松山観光港へ寄港した時に、どちらも見ること出来ましたぁ~(^^♪
やっぱ傍で観れて良かったぁ~~~
写真は・・・です。(-_-;)
Commented by kansai-g at 2008-07-17 19:31
美しい帆船ですね~
松山観光港にも寄港したのですね。
正に海の貴婦人の形容詞がぴったりですね・・・笑い。
Commented by 三線小父さん at 2008-07-18 00:54 x
日本丸、海王丸のセイルドリル、素晴らしかったですよ。
ただ、時間はずいぶんと掛かりましたので、実践的では無いと思いまし、海王丸はあの事故以来、予算を削られているのか、セイルが黄ばんでいたのは残念でしたよ・・・。
むしろ、見なくて、いろいろとシュミレーションしていたほうが、夢破れずロマンがあると思います・・
私のヨットの出航回数は、加齢に反比例中。
去年は11回。最高は86回/年・・・如何に海から遠くになったか・・・。
GWにロングで航海して後は、先々週、ふらりと、高松沖を数時間セーリングしただけ。
腰痛で、風も時間もトンボも、ましてや蝶??も捕まえられなくなっていまーす。
蝶??は以前からですから・・・腰には関係ないですよ・・念のため・・・笑い。
体を余り動かさず、頭でシュミレーションしてしまうのですね。
何でもかんでも・・。
加齢を実感中・・ですが、見ない場合が幸せってことも多々ありますよね。
海王丸もそのひとつですよ。
見なかった、エレキ小父さんのほうが幸せですよ。


<< 御爺さん 御婆さん~元気にして...      夏の暑さをぶっとばせ!~♪ >>