2008年 11月 01日

自然環境に恵まれた池のナニワトンボ~♪

先日kazuパパさんのマイフィールドの一つを紹介して頂きました~m(__)m

松山市内の自然豊かなトンボ池に脱帽しました~!
f0138879_931796.jpg
ナニワトンボ

初めて見たナニワトンボやその他のトンボの種類と数の多さに驚き~!!
f0138879_9362675.jpg
ノシメトンボ

f0138879_9482165.jpg
オオアオイトトンボ

ナニワトンボは小さいのが写真でも判る通り
f0138879_9323371.jpg
アオイトトンボと全長が同じくらいでビックリ!!

香川では絶滅種に指定されていて、赤くならないアカトンボで

グレーの体に綺麗なブルーの眼が特に印象に残り、

ミニサイズながらクラシカルな気品さえ感じました。

f0138879_9442868.jpg
ノシメトンボも人懐っこくパンツに止まり~笑い。

この池はアカトンボやイトトンボの個体数が半端な数(KAZU)でない~笑い。

この様な自然環境を是非残したいし活かしたい・・・

今国内では地方の景気が悪いと盛んに叫ばれていますが、

その地方の自然環境も考え方を変えれば大きな財産となり得る。


人的資源や企業などの乏しい四国は、

逆に瀬戸内の多島美や太平洋の海と山河など豊かな自然環境に逆に恵まれている。

四国の文化遺産の八十八ケ所霊場と併せて

自然遺産の掘り起こしもこれから必要になるのではと考えます・・・。


都会の人は余り四国を知らないし、またアピールも不足している様に感じる、

自然環境資源を整備し四国へ観光に来てもらい活性化するのも一つの方法だ。


四万十市のトンボ王国へは未だ行っていないが、

現在の池を整備し公園までしなくても農家の方々と行政が相談し

休憩所等を設けるなどして池の特徴を活かした町興しの素材となり得る。

しいては、それが四国の活性化につながって行くのではと確信した。


その為には、従来と視点を変えた四国の自然環境や文化遺産等を整備し、

日本で最後の観光地が四国にならない様、

時流を読む必要もあるのではと思うが・・・???
[PR]

by kansai-g | 2008-11-01 09:56 | on (恩) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kansaig.exblog.jp/tb/9544813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 郷東川河口の水鳥達~      オレンジカラーの野鳥が~ >>