カテゴリ:伯耆大山の四季( 6 )


2012年 02月 08日

スノボーに初トライ!

集合時間の9時半に枡水高原ゲレンデに到着、孫達は半日のスノボー教室に初トライ!
f0138879_18585241.jpg


その間今季初のオシドリ観察へ、時間帯も悪かったようで中々オシドリ達が対岸から飛んできてくれません、

昨年の台風の影響で中洲も流され無くなりロケーションも今一で残念でした。

近くに来たのはカワアイサ♀、至近距離で盛んに水中に嘴を突っ込みサワガニを捕食していました。

野鳥の写真は後日改めて・・・(笑)

ゲレンデに戻るが、孫達は初めてのスノボーが楽しいのか延長戦に・・・、

f0138879_1923526.jpg

一番上の孫は滑る事に恐怖心も余り感じず、スノボーに興味が湧いた様だが、

f0138879_1925061.jpg

二番目の孫はスノボーをソリにして楽しんでいて(笑)もう少し大きくなれば興味が湧くかも・・・。

f0138879_1935851.jpg

翌日の予約も入れ、管理人さんに圧雪車に乗せてもらう大サービスに孫達3人は大喜び。

あれだけ動いても疲れを知らぬ孫達の元気さ、爺と親の方が(笑)筋肉痛とバテ気味でホテルの温泉に直行。

f0138879_1992018.jpg

どのスポーツにも言えるのでしょうが、特に体力の要るスポーツは若い内に始めた方が良いと感じました。
[PR]

by kansai-g | 2012-02-08 19:13 | 伯耆大山の四季 | Trackback | Comments(6)
2012年 02月 07日

冬の大山

孫達と一緒に来たのは昨年の夏以来かなぁ・・・、

f0138879_1754341.jpg

食材調達の為(笑)途中蒜山の産直市場に立ち寄るが、大雪で閉店!葉物野菜が無い、

仕方なく宿近くの産直で辛うじてビタミン大根と(笑)白菜を仕入れ宿に入る。

途中ゲレンデの状況確認と孫達のスノボー教室の予約を・・・最近何故か(笑)教室が多くなっていますが・・・。

秋に来た時松虫草が咲きタテハチョウが舞っていたゲレンデは積雪に覆われ、208cmと4年前と同じか多い位です。

f0138879_17542782.jpg

今日は駐車場で孫達は雪遊び、普段雪の積もらない高松育ちのせいか(笑)大はしゃぎ・・・。

f0138879_17544798.jpg

部屋の窓から手の届く位置にナナカマドが赤い実をつけ、盛んにアトリがお食事に訪れていた。

今日は皆で貸切状態の温泉に入り、夕食は友人の猟師より頂いたイノシシ肉のすき焼きを・・・美味しい肉でした。

明日の本番の為早寝早起きを・・・(笑)
[PR]

by kansai-g | 2012-02-07 18:12 | 伯耆大山の四季 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 01日

伯耆大山の冬

観光客がいない時期で、往復とも混まないのと、スキー・スノボーとウインタースポーツの連中しか来ない。

夏の緑だった草原は一面雪に覆われ真白のゲレンデとなっていた。
f0138879_13213735.jpg

到着後孫達の防寒ウエアーへの着替え、これが中々手間取る。

5分位で桝水のゲレンデに到着、初めての雪に孫達も興奮状態・・・

早く雪遊びがしたくて待ちきれないのだろう(笑)最初は雪だるまや雪合戦と中々滑ろうとはしない。

そこでソリをレンタルして滑らしてみると、いつもの海水浴と同じでスロープを上がっては滑りの繰り返しで・・・(笑)

最初は一つのソリを交替で滑っていましたが、楽しくて交替までの時間が待てない、

そこで兄弟喧嘩が始まり、もう一台レンタルすると満足そうな顔で皆が滑り始める~楽しそうに・・・。


f0138879_1334014.jpgf0138879_13341998.jpg








         





来冬にはスキーかスノボーに挑戦させてみたい。
f0138879_20134160.jpg


その後夕食の食材調達に日吉津村へ下る。

冬場は何と言ってもこの時期しか味わえない松葉ガニ、蟹を食べだすと殻から身を取るため皆黙々と食べる。

個人的には雌ガニが好きだ、漁期の関係で食べられる期間が短いが内子の味は絶品!

おまけに近くにある造り酒屋の地酒もうまい・・・(笑)

もう一つの食材は鳥取県の県魚ばばちゃん

元々蟹漁の蟹籠に入っていた深海魚、昔は漁師さんも捨ていた魚です。

顔は愛嬌のある顔立ちで、白身は鍋料理によく合いますし、

“ばばちゃん”が人気になる事は良い事だと思っています。

昔は折角蟹籠に入っているのにお金に生らない“ばばちゃん”を捨てていたらしいが、

もったいない事に気がついたのでしょう。

営利を追求し過ぎ自然環境の破壊を招いた我々も反省する時がボツボツ来ているのではと・・・、

孫達の時代に何を残してやれるかの視点で物事を考えてみたい。

白い雪のゲレンデの下で春の芽吹きの準備をしている雑草の如く・・・。

そんな事を教えてくれる冬の大山

[PR]

by kansai-g | 2007-05-01 12:20 | 伯耆大山の四季 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 30日

伯耆大山の秋

大山に訪れる人が四季の中で一番多い季節です。

3連休になると大山・蒜山道路が観光客だらけで車が見動き出来なくなる・・・笑い

それ位大山の紅葉は見事です。
f0138879_12475360.jpg

蒜山高原から桝水高原への紅葉の森を抜けるが~毎年来ているのに時期により紅葉の表情が違う。
f0138879_12535812.jpg

別荘へ着き荷物を降ろし、桝水高原へ孫達と出かける。
f0138879_12585338.jpg

産直の市場にて食材の調達し、この時期はキノコ類が旬で、いろいろなキノコとムカゴを食材に選び、

ムカゴの炊き込みご飯とキノコ鍋がメニューに浮かぶ・・・笑い。

翌日、何時もの早朝の散歩・・・

一番下の孫もおぼつかない足ではあるが一緒にお散歩を~。

f0138879_134029.jpgf0138879_1341237.jpg











今日は孫達お楽しみの砂丘へ向かう。

久しぶりの砂丘でしたが、相変わらずの人の多さは変わらない。

自然が造形した砂丘に何故か人間は惹かれるのだろうか~?

砂丘ではハシャギまくりの孫達でした、思い出の一つになれば~

ひとこぶラクダさん ありがとう 男の孫二人は大喜び!!
f0138879_23202989.jpg

f0138879_13133741.jpgf0138879_13134943.jpg












大山の秋も短い、動物達は冬への巣篭もりの準備で大忙し・・・笑い。

紅葉の時期になると大山は落葉樹が多いことにふと気がつく。

朽葉が土地を肥やし又大山の雪解け水を濾過し自然の旨みを与える。

大自然の営みのすごさを感じさせる秋の大山

今度は雪の季節に又訪れます。

暖冬らしいですが、孫達は雪原を知らないので沢山雪を降らせてください。

孫達のためにも~お願いします・・・笑い。

[PR]

by kansai-g | 2007-04-30 09:54 | 伯耆大山の四季 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 30日

伯耆大山の夏

f0138879_1722948.jpg
標高が高いだけに平地より気温が低いので過ごしやすい。

春には少し地肌も見えたが今はすっかりに覆われている。

早めに別荘へ到着し付近の散策が何時もの定番だ。

近くの地頭農園へ孫達とブルーベリー
狩りに行き完熟したブルーベリーを自分でとり食べる。
f0138879_1711594.jpg

甘い・・・孫達にも完熟した粒の選び方を教える。
結構満足した様子だった・・・笑い。

その後近くにある牧場の牛を見いく。

自然界での牛達の観察が始まる、牛が放尿するのを見て、孫達もその量にびっくりしていた!・・・。

f0138879_17174653.jpgf0138879_17182087.jpg











そろそろ夕食の食材の調達にかからなければ~この時期は日本海の魚介類がお勧めです。

旬の岩がきが絶品です、その大きさといい食感は最高です。

のんびり感を味わうために来ているので、基本的には料理に時間をかけない。

昆布と魚介と日本酒で松前焼きがこの時期は多いかな~。

皆で日本海の海の幸を堪能する  満足・満足・・・。  

食後孫達と大浴場へ行く。

普段の浴槽と大きさがちがうので大ハシャギ・・・。

明日の海水浴の予行演習でもしているのかなぁ・・・笑い。

早朝にもかかわらず定例の朝の散歩についてくる、大成池周辺で昆虫探検です。

f0138879_1731473.jpgf0138879_1731167.jpg











大成池付近の合歓の木に花が咲き初め~和みを・・・
f0138879_17362163.jpg

今の子供達は遊園地やテーマパークでの遊びが主流となっているが

孫達を見ていて、美しい自然が最高の遊び場かなと感じる。

自然を大切にする事が少しでも解ってもらえたかなぁ~?。
f0138879_19504713.jpg

孫達が待ち望んだ海水浴 皆生海岸へと車を走らせる。

予定していた時間では物足りないのかなかなかあがってこない。

大山の夏は短い~植物も動物もその短い夏に慌ただしく厳しい冬への蓄えをしてる。

そんな事を感じさせてくれる夏の大山です。

[PR]

by kansai-g | 2007-04-30 05:07 | 伯耆大山の四季 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 28日

伯耆大山の春

 大山へは四国高松から高速道路の整備が進み近くなり、たびたび訪れている。

四季折々の表情がそれぞれの時空を感じさせてくれる。
f0138879_12241416.jpg
春新緑の季節には蒜山ICを降り蒜山・大山道路を走る。

蒜山よりの水車小屋のある蕎麦屋で昼食をいただきのんびりと桝水ヶ原高原の方面へ車を走らせる。

途中いくつものビューポイントがあり、のんびりのんびりと云う訳で(笑)GWの連休はいつも避ける。

この時期の新緑は若葉色のもやっとした新緑で友人所有の別荘へ夕刻4時頃に着く位のペースで走る。

近くの産直の市場で食材を調達する、この季節には山菜の王者たらの芽・わらび・こしあぶら等が旬の時期でもあり、

大概は、てんぷら料理が夕食となる。

食事前に温泉(泉質よし)でカラスの行水と・・・(笑)

湯上りにまずビール、てんぷら料理は地ビール(大山Gビール)がよく合い、

大山の雪解け水で作られたビール、自然の恵みを感じながら飲むビールは最高の贅沢と・・・(笑)

ほろ酔い気分くらいの時、再度温泉に浸かり湯ったりと湯舟で普段の仕事で疲れた身体を癒やす、

家族や友人達と何度も来ているが何時もこのパターンだ・・・。
f0138879_12331535.jpg

翌朝は近くの大成池(おおなるいけ)辺りを散歩する。

目の前には少し地肌の見える大山、池の周りの草花や鳥達の囀りと爽やかな空気も春を感じさせてくれる。

孫の尚君が不思議そうにベニシジミチョウを覗き込んでいる。

f0138879_1235244.jpgf0138879_12353586.jpg








 




そんな光景を見ながら 豊かな自然が最高の遊び場と・・・、

こんな大山が大好きで のんびり・のんびりと時間の流れが止まったかのような過ごし方が私流の楽しみ方です。

f0138879_1242323.jpg

後この時期だけしか頂けないのが「たらの芽のてんぷら大山そば」絶品で必ず食べ、

山菜おこわも年中あるが旬のこの時期がいちばん美味しい。

自然の恵みをたくさんいただけるのが春の大山かなぁ~(笑)
[PR]

by kansai-g | 2007-04-28 20:24 | 伯耆大山の四季 | Trackback | Comments(0)