On(恩)& Off

kansaig.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 28日

紅葉の信州路~黒部ダム~

ホテルを出発し黒四ダム(アーチ式ドーム越流型)を目指す。
f0138879_522544.jpg

信濃大町側の扇沢駅に到着。

扇沢駅から黒四ダムサイト迄のトンネルをトローリーバスで通過中に、先人達の苦労の足跡が感じ取れた。

当時の先端トンネル掘削技術を駆使し難工事に挑み、破砕帯からの大量の地下水と戦いながら掘り進んだ。

今はトンネルの掘削工法がナトム工法へと変わっているが

今も昔もトンネル工事は水との戦いだったんだな~と感じた。

関西電力が社運を賭け、延べ1000万人の労働力で造られた世紀の大事業

後に石原裕次郎や三船敏郎等により映画化され、黒部の太陽の石原裕次郎のワンシーンが思い起こされた。

トローリーバスが到着し、黒四ダムの巨大なアーチダムが眼下に拡がる。
f0138879_16302322.jpg

折からの雨の中、アーチダムとしては日本一高さ(186m)から毎秒15トンの観光放水は圧巻でした。
f0138879_2024758.jpg

冬期を考え、発電施設等はすべて地下と先人たちの叡智と環境に配慮したダムと感じた。

唯一、ダムのコンクリートの肌が黒く変色していた事が気になった。

この辺りまで大気汚染の影響か、それとも偏西風に乗り中国からの汚染の影響か?・・・・・。

慰霊碑の前で工事に携わり殉職された先輩達約200人の御霊に~合掌。
f0138879_17102483.jpg

黒部の語源はアイヌ語のガルベからと初めて知った。

次はケーブルカーで黒部平へ。
f0138879_1637876.jpg

黒部平からロープウエイで立山連峰の大観望まで、ロープウエイは自然環境を配慮し途中支柱がない。

紅葉が真っ盛りで、錦の絨毯に覆われた黒部湖・・・素晴らしい風景。
f0138879_1643852.jpg

前人未到の黒部渓谷、人間を寄せ付けない自然環境は植林による常緑樹が少なく落葉樹が大半で紅葉の見応えは過去に記憶がない程の風景でした。

大観望の頂上では、紅葉と雪山の織りなす美しさは・・・・・秋と初冬を感じる不思議な世界。
f0138879_16475329.jpg

立山連峰の頂上は早くも冬を感じた。
f0138879_1652454.jpg

雲海の下には富山県側の風景が・・・・。
f0138879_357102.jpg

現在地球温暖化の一因、化石燃料等での火力発電所が高機能化される中で、大自然の恵みを利用した水力発電所も今見直されている。

先般地震による新潟柏崎原発の事故で、急遽水力発電所を稼動させている。

地球温暖化が進み、益々エアコン等の電力需要が増えている現状を再考し、

地球的視野で環境・エネルギー問題を考える時期に来ているのでは・・・・。

今は観光化されているが、地球温暖化への警鐘と黒四ダムからのメッセージを強く受止めた。

帰りは来た時と同じコースを逆に扇沢駅まで下山し、今晩の宿、大町温泉郷のホテル山田屋でお世話になる。
f0138879_175363.jpg

温泉にのんびりと浸かり疲れを癒し、家内と「黒部の紅葉」を談笑しながら夕食を楽しんだ。

思い出に残る黒部ダムの紅葉と立山連峰の初冬の冬景色・・・。

[PR]

by kansai-g | 2007-08-28 18:21 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 27日

GKアネモス 久し振りの出航~NAMIKOMACHI~

今日久し振りにヨットで瀬戸内の海へ出たが、

風が無い炎天下の中の帆走はサウナ状態・・・・大汗。
f0138879_1838587.jpg

約1時間の帆走と機走を楽しんだ後、友人がヨットを係留しているマリーナペラガスへ向かう。
f0138879_19263378.jpg

f0138879_18434664.jpg

友人の大型ヨットのキャビンの中でビールの乾杯から酒盛りが始まる。

もちろん空調完備クーラーがよく効いていた。

この日はマリーナペラガスのJazz Concert、

微かに聴こえるJazz musicや音楽は話題とはならず、

趣味や雑談で歓談し、ビールやワインのアルコールが

物理学博士でない全員を、愛飲酒多飲博士へと・・・・・・笑い。

この歓談に本来参加予定の木目細やかなおもてなしを真骨頂とする親父が急用が出来この場に居なかったのが残念だった。

友人との話の中で、ヨットは風を捕まえに行くのではなく時間を捕まえに行く事が大切と教えて頂く。

キャビン内の空間と時間を共有する事が大切なんだなぁ~と体感した(笑)

しかし、・・・・・・・・体感しすぎた

愛飲酒多飲博士に変身した我々夫婦は、想定外の空間と時間を共有・・・、

其の事に気が付いたのは、翌朝5時だった・・・苦笑。

これに懲りずに、また誘ってください・・・・・三線小父さん 
[PR]

by kansai-g | 2007-08-27 18:12 | Outdoor Life  海 | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 25日

紅葉の信州路~蓼科高原・美ヶ原高原~

ホテルを出て一路諏訪ICへと向かう。

今日も晴天で、浅間山のきれいな事・・・・・。

f0138879_20275983.jpg

今放映中のNHK大河ドラマ“風林火山”の武田信玄ゆかりの諏訪湖SAで一息する。

f0138879_20313595.jpg

見た目にもあまり美しい湖とは言い難い、地球温暖化の環境変化で流入が減少したか、辺りのIT産業の工場の汚水が原因か・・。

途中産直の店に立ち寄った、季節のキノコ類が並んでいたが、松茸はさすがに高い。

ピラタス蓼科の付近で武田信玄上の棒道(軍用道路)の看板を見つけた。

f0138879_20442291.jpg

昔も今も、敵を制すには早い動きと情報が必要と戦術は変わらない。

白樺湖への途中八ヶ岳連峰・南アルプス・中央アルプスを展望できるビューポイント

蓼科“女の神展望台”よりのパノラマを堪能し秋を・・・。

f0138879_20493525.jpg

白樺湖での湖の展望と一服をとる、さすがに白樺湖の水はきれいだ。

f0138879_20515334.jpg

志賀高原と違って車がいない蓼科高原のスカイライン、日本で最も高い標高2000mのビーナスラインの紅葉ドライブを楽しんだ。

f0138879_2134964.jpg

愛車のエンジンは周りの風景に応える様に久し振りに唸りを・・・。
f0138879_20563287.jpg

美ヶ原高原へのワインディングロードを年甲斐も無くコーナを攻めた・・・笑い。

レスポンスをより感じる為、シフトレバーをオートからシーケンシャルに

エンジンとアクセルがより俊敏に反応し、最高のドライブとなった。

途中霧ケ峰高原で、この環境と季節がまさに旬の“きのこそばと松茸おこわ”を頂いた。
f0138879_20583978.jpg

お持ち帰りしたいと感じさせたきのこそば・・・・・美味い 絶品!。

何時か仲間と食べた伯耆大山の“きのこ汁”をふと思い出した・・・・笑い。

空を見上げると、グライダーの白い機体を青空に浮かべていた・・・・・自然を大満喫。
f0138879_940898.jpg

途中いくつものビューポイントでの眺望を楽しんだ~美ヶ原高原の秋・・・。
f0138879_2172085.jpg

八ヶ岳連峰の右手遥か遠くに、霊峰富士山が・・・山頂は早くも冠雪していた。
f0138879_22402030.jpg

美ヶ原高原主峰の王ヶ頭が見える場所に着いた時、ふと家内が王ヶ頭へはと・・・、

友人のお父さんの散骨した場所と息子の遺影を撮った場所の石が気になったかな・・・・。

徒歩だと往復2時間以上と時間が足りない、そこで裏道の山道ドライブ。
f0138879_21114446.jpg

途中の白樺の原生林と白樺に自生していた きのこ?。
f0138879_21115559.jpg

1時間で“王ヶ頭”に到着、前回は霧で見えなかった“主峰王ヶ頭”がくっきりと姿を見せた。
f0138879_21142175.jpg

友人のお父さんの散骨した場所に・・・・・・・ 合掌。
f0138879_2116043.jpg

家内が目印にした石はその時と同じ状態だった、息子の遺影の写真を撮る。
f0138879_21184099.jpg

ここからも、遥か遠くに浅間山が望めた。

帰りのドライブで野生のカモシカ?とサルに会う、紅葉が見頃の美ヶ原高原でした。

佐久市から小諸をぬけて軽井沢のホテルへ・・・かなりの強行軍の一日だった。
[PR]

by kansai-g | 2007-08-25 20:23 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 25日

紅葉の信州路~志賀高原~

                朝食後、草津温泉経由志賀高原に向かう。

              途中浅間山がくっきりと見え、噴煙を昇らせていた。
f0138879_1927441.jpg

                     しかし読みが甘かった。

       我々には蓼科高原と志賀高原の選択肢があったが、志賀高原を選んだ。

         日曜日で志賀草津道路は車は大渋滞で車は進まず・・・・選択ミス。
f0138879_19324969.jpg

        やっと辿り着いた白根山の湯釜、午後1時頃と想定外の時間になった。
f0138879_23153430.jpg

           山田峠より北アルプス連峰を眺望する・・・・・・素晴らしい!。
f0138879_1944532.jpg

f0138879_1947107.jpg

 渋峠を過ぎ、リフトで“横手山ヒュッテ”よりの北アルプス連峰の眺望も更にすばらしい。
f0138879_1951759.jpg

           山頂の山小屋で一息、パンとビーフシチューの味が・・・最高!!。
 

f0138879_13041100.jpg
f0138879_131531.jpg










    特にパンは20分位の行列が出来ていて・・・・どこかの讃岐うどんと一緒と・・・笑い。

    紅葉を楽しみながら、群馬県から志賀草津道路で長野県の湯田中温泉へ到着する。
f0138879_2044782.jpg

          温泉につかり大渋滞での運転の疲れを癒し、のほほん・・・・。

     湯田中からの帰りに見た、“夕焼けのいわし雲”・・・・初めて見た光景かな?。

            いや・・・少年の時に見ていると感じた・・・・・・・夕焼け。
f0138879_422799.jpg

湯田中からの草津への帰りのワインディングロードはガラガラでカーブの運転練習となる。

1時間30分位で草津温泉に、思ったより早く着いた。

しかし時間も遅く公営の草津温泉は閉まっていて、鄙びた温泉宿の温泉に入った。

これが大笑い、何故か我々二人と貸切温泉、どうぞとの案内で湯船に入るが、

湯の温度が高く火傷しそうな温度、感覚的には50℃以上と感じた。

昔、タケシのテレビ番組であったな~と・・・・笑い。

店の方が水で薄めますから少し待ってくださいと、真っ裸状態なのに・・・呑気な話。

石川五右衛門でもない我々夫婦を茹でて、如何するのと言いたかった・・・大笑い。

それにしても、草津温泉の泉質は蛇口が真っ黒と酸性が強い。

草津の湯に入り一息入れた後、北軽井沢へと帰る帰る途中、

夜空に中秋の名月が、うさぎさんも・・・・・。

今頃高松に居れば、仲間達と花樹海で観月会だったな~と思い出した。

Kさん・Tさん~我々も同じお月さんを見ていますよ~・・・・。
[PR]

by kansai-g | 2007-08-25 20:13 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 25日

紅葉の信州路~北軽井沢へ

信州の紅葉と黒部ダムの観光放水を楽しもうと、家内と一緒に出かける。

家内は今まで一度も見たことの無い黒部ダムの観光放水が10月中頃で終わるのでとの事が切欠で、

明石大橋経由の700Kmのロングドライブが始まった。
f0138879_19165989.jpg

 名神~中央道~長野道と順調に流れ松本ICより白骨温泉に立ち寄る。

 出発前、家内が腰痛の為少しでも良くなればと思い・・・。
f0138879_19202361.jpg

 白濁した温泉の効能は抜群で家内の腰痛が少し和らいだ・・・驚き!。
f0138879_19204664.jpg

 この辺りはまだ紅葉の始まりかなぁ~。

白骨温泉を楽しみ長野道~上信越道で宿泊先の北軽井沢のホテルに到着。
[PR]

by kansai-g | 2007-08-25 19:23 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 24日

しまなみ海道は~のんびりと~

仕事で上島町の弓削島へ打合せに行った。

2ヶ月前の社員旅行で通ったしまなみ海道を因島南ICで降りる。
f0138879_2030979.jpg

因島より最短コースの家老渡フェリーで弓削島(上弓削)に渡った。
f0138879_19182590.jpg

このフェリーが生活の道路で、まさに海の道と感じた・・・・笑い。

打合せを終え、
頭上に佐島へ渡る弓削大橋の斜張橋がその美しい姿を見せていた。
f0138879_18585261.jpg

ここら辺りの海はとても綺麗で、海水浴にはもって来いの場所だ。
f0138879_19212318.jpg

昼食は、海鮮大黒丸で定食を注文する。
今朝捕れた魚で美味いのと、何時もの倍くらい量がある・・・・値段も安い。

ふと気付いたのが、
因島が広島県で、弓削島が愛媛県と誰が決めたのだろう?。

香川県と岡山県の漁師さんが県境を決める時の樽流しを思い出した。

来島海峡が本拠地で~・・・・・
潮流を読む事に長けた村上水軍の樽流しで決めたのだろうか・・?。

経済圏は尾道に近く広島県の筈なんだけど・・・・・・笑い。

もう一つ気付いたのが瀬戸大橋との違い~
瀬戸大橋は割りと直線的に創られているが、しまなみ海道は曲線が多い。

しまなみ海道の橋脚がある島から、
橋の恩恵に与らない島へ今も着々と橋の工事が行われている。

しまなみ海道は、
ただ車で通過する瀬戸大橋と違い生活の匂いを感じる橋と思った。

長閑さや人情味は、しまなみ海道の方がより感じる。
f0138879_19233492.jpg

のんびりと瀬戸内の多島美を楽しむのは、しまなみ海道かなぁ~
自転車やフェリーで、しまなみ海道を楽しむFさんの様に・・・・・。

この後今治ICを降り波方へ向かう、次の仕事(On)で・・・・・・・。

[PR]

by kansai-g | 2007-08-24 18:52 | on (恩) | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 19日

剣山の~高山植物

                 今回の登山で見れなかった植物。
f0138879_14585824.jpg
f0138879_1459836.jpg
f0138879_1459167.jpg
f0138879_14592543.jpg
f0138879_14593395.jpg

                  購入した絵はがきより。

[PR]

by kansai-g | 2007-08-19 15:02 | Outdoor Life  山河 | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 19日

奥二重かずら橋の祖谷川で水浴び~

剣山を後にし、30分位に位置している奥二重かずら橋へ向かう。

剣山を源とする祖谷川のせせらぎと野鳥が囀る周りの木々に一服の涼をいただいた。
f0138879_12363586.jpg

一番奥に架かっているかずら橋のすぐ隣に野猿がある、人力ロープウェイと表現したほうが解りやすい(笑)
f0138879_12425670.jpg

野猿を往復し、かずら橋を渡るが見慣れた顔が見えない?・・・

高所恐怖症の為、一番下の孫娘を抱いて先に河原に降りていた・・・笑い。
f0138879_1247376.jpg

橋の袂から川へ降りる道があり、孫達は直ぐに見つけた~ここから例のサンダルの出番となる。
f0138879_13151453.jpg

f0138879_13152528.jpg

裸で水遊びを楽しむ孫達、さぞ水温は冷たかろうとの心配無用と、

つい自分の少年時代を思い出した~笑い。

無邪気に遊ぶ孫達の姿を見て、地球温暖化現象で今の環境と違っていたらどう行動するのかなぁ~

との空想が爺の脳裏を掠めた。

Outdoor lifeを通して~孫達に少しずつ自然環境の大切さを教えて行く事が出来ればと・・・・・。

[PR]

by kansai-g | 2007-08-19 12:37 | Outdoor Life  山河 | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 19日

初めての登山~日本百名山 剣山(標高1955m)~

コテージ付近を早朝散歩する。

外気温も体感温度で20度位と気持ちいい、空は雲一つ無い晴天。
f0138879_1551162.jpg
野鳥のさえずりをBGMに森林浴・・・・・心地よい朝の散歩だった。
f0138879_15104141.jpg

朝食をすませ、上二人の孫達に部屋の片付けとお掃除のお手伝いを~。

自分達が使い汚した部屋を元通りにする事は当り前との事と教える。

基本的に旅館やホテルには宿泊しない孫達との旅行には、そんな事を体験さす目的もある。
f0138879_10184622.jpg

コテージに   全員で一泊のお礼を・・・・・・有難う。

剣山の見の越方面へ向かい、30分位でリフト乗り場へ到着。
f0138879_15164273.jpgf0138879_15165488.jpg







f0138879_10333037.jpg

リフトで見の越駅(標高1420m)から西島駅(標高1750m)に15分で到着。

ちなみに、娘婿は高所恐怖症でちょっとキツカッタかも・・・・・笑い。
f0138879_1533507.jpg

爺の指導が悪かった、孫達の靴はサンダルと海水浴スタイル。

トレッキングシューズ無しで、ここら辺りが孫達の限界と感じ途中で下山する。
f0138879_10593459.jpg

西島駅の展望台からの眺望を楽しみながら一息の休憩をとる。
f0138879_1536452.jpg

すばらしい眺望に皆が感動を覚えたかなぁ~・・・。
f0138879_15435219.jpg

今度は下りのリフト、上る時より高さを感じる。
f0138879_15483042.jpg

娘婿は内心恐怖感で顔が緊張していた・・・・・・・大笑。

ここでハプニングが起きた、一番下の孫娘のサンダルをリフトから落とす。

見の越駅に着き落とした場所を説明すると、30分位かけて回収~。

駅員さんにお世話になり、有難うございました。

こうして剣山の初登頂はお預け、次回の楽しみに取って置こう。

[PR]

by kansai-g | 2007-08-19 10:39 | Outdoor Life  山河 | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 19日

中尾山高原で~グラススキーに初挑戦~

久し振りに中尾山高原のコテージを訪ねた。

前回は娘夫婦と生後3ヶ月の孫1人と来た事を思い出した。

7年前、同じコテージでキャンプした当時と少しも変わっていない自然環境は相変わらず すばらしい!。

変わったのは、孫が3人に増えた事かなぁ~笑い。

この日下界は36℃と猛暑でしたが、コテージの爽やかな風が心地よく感じた。

標高1000mの中尾山高原の自然環境が与えてくれた恵みに感謝。

この環境に孫達はじっとしている筈が無い(笑)滑り台を見つけ3人で戯れていた。

f0138879_8455711.jpg

滑り台の戯れの後、孫達にグラススキーに初挑戦させたと言っても、ちびっ子ゲレンデでのソリですが・・・、

はじめは少し恐怖心を感じたのか、手足を使うので転倒する。

f0138879_8365156.jpg

少し指導してやるとその内に要領がつかめたのか、何時ものパターンと同じで・・・、

f0138879_8371334.jpg

滑っては登りを何十回も繰り返し(笑)GSを楽しんだようだ。

高原付近の自然は栗や萩の花 またトンボと、
f0138879_8515638.jpg

f0138879_852835.jpg

早くも晩夏を感じた中尾山高原。

定番のカレーライスを全員で談笑しながらの夕食の後は、お待ちかねの花火、

f0138879_9105438.jpg

空気が澄んでいて、満天の夜空と星がとてもすばらしい。

あっ流れ星がと孫達も感動。

この環境を何時までも変わらない様にするのは 人間の責任と義務かなぁ・・・。

[PR]

by kansai-g | 2007-08-19 08:28 | Outdoor Life  山河 | Trackback | Comments(0)