<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 29日

毎年恒例の~まつたけ三昧に異変が~

10月も下旬になるが、松茸の季節がとの季節感覚の実感が湧いてこない。

地球温暖化現象による9月の異常とも思える気温のせいかなぁ~多分そうだろうと・・・。

f0138879_19212193.jpg

主体が高校の同級生の会合で毎年恒例の楽しみの一つになっている松茸三昧、

皆で昨年は国産と中国産の松茸を贅沢三昧に食べた事を思い出した(笑)

今年は、中国産の食品の安全性の問題がニュースや新聞で取り上げられる様に、

会費の予算上の問題でカナダ産に・・・苦笑。

カナダ産の松茸と韓国産の松茸で去年の半分以下の量とは誰も予想できなかったが、

お互いの近況等を「松茸すきしゃぶ」を食べながらの一時の談笑に話が弾む。

f0138879_19421179.jpg

今年は友人Eさんの奥様が亡くなる不幸な出来事があったが、

全員還暦の割には元気さを感じた(笑)気持だけかもしれないが・・・。

自営業・役人・議員等となっている現況を高校の時に想像する事は不可能に近い・・・大笑。

酒もはずみ、松茸の話が食品の安全性への話題に変わっていき、

不二屋・北海道の白い恋人・赤福・比内鳥・宮崎地鶏etc・・・、

食品の安全性と偽装表示等が此処にきて一気に出てきた。

まだ氷山の一角で、今後出てくる可能性は多いと感じる。

私感であるが、消費者の求める項目の一番目に安いがありきかもと・・・、

食品を製造し偽装したメーカの責任の重さは当然だが、我々消費者も安さが一番の考え方も問題と感じる。

我々の仕事も同じで、本来の順位はS(安全)・C(法令順守)・Q(品質)・C(価格)であるが、

C(法令順守)とC(価格)、頭文字は同じだが取り違えてやしていないか、

また順番もC(価格)・Q(品質)・C(法令順守)・S(安全)と逆の感も否めない。

この傾向は大きく言えば、日本全体のすべての業界に言える事かも知れない・・・。

儲けるには・・・少しでも安く作るにはの考え方が、ややもすると捻じ曲がり、

安全性や法令順守を軽視した企業風土を生んだのかもしれない。

どこの企業にも経営理念にお題目として掲げられているが、実行されていないから今回の様な不祥事が起きると思います。

先人達の教えを尊び目先の利益ばかり追い求めず、連綿のごとく細く永く続く利益の追及が如何に大事な事であるかを認識していれば、

今回の様な不祥事が起きていなかっただろ。

日本産の松茸三昧は高い・・・当たり前の事で当然と自戒の念に駆られた同窓会でもあった(笑)

[PR]

by kansai-g | 2007-10-29 18:42 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 19日

歴史を人を感じた~西条まつり~

友人の誘いもあって、先日生まれて初めての西条まつりを体感した。

すばらしい!感動が帰宅の車内の中でも余韻で残っていた。

こんな素晴らしい祭りが四国に、また西条でと・・・久しぶりの素晴らしい体感でした。

市内を流れる加茂川右岸側の土手に「だんじり」が80台余り集結した光景

過去に経験した事が無い光景を目のあたりにした。

f0138879_738243.jpg

加茂川を渡り伊曽乃神社へと帰ろうとする御神輿を10台の「だんじり」が行き先を阻む様に、

川の中でゆれる「だんじりの提灯」と水しぶき・・・。

f0138879_759612.jpg

御神輿を直ぐに岸に上げない様にと「だんじり」が川の中を動き回り躍動感溢れる光景、

f0138879_742452.jpg

霊峰石槌山からの清流の加茂川が瞬く間に濁流へと・・・。

「だんじり」のかき手の熱気が終わりが近づいている祭りを名残惜しむかの如く感じ、

祭りの最終章にふさわしい光景は圧巻でした。

f0138879_7462643.jpg

さながら、時代絵巻を見ていたかのような気持ちにさせられ・・・感激。

御神輿が川から上がると帰宅する車で覆われた河川敷の駐車場

抜け出すのに1時間以上と祭りの見物者の数も半端な人数でなかった。

駐車する位置を間違えたかな~苦笑

西条祭りで感じた事は、

五穀豊穣への感謝の気持ちを毎年の秋祭りで集いふれあう事により

人間本来持っている無くしてはいけない「心」を西条の人達に教えられた・・・。

町内の人達が参加し、特に若い男女が沢山参加している事に共感と安心を覚え、

また彼らの一体感が祭りによってより深まっている様にさえ感じた・・・。

我々はIT等を活用した利便性や快適性といった機能を追い求め過ぎて、

本来の持っている筈の人間性や五感をつい忘れてしまっているのではないかと自省の念に・・・。

人が集いふれあい、「だんじり」を担ぎ汗をかき飲む歌う事を

毎年の行事としてでなく捕らえている処に、このお祭りの凄さを感じさせられた。

「だんじり」を元気にかいている彼等の成長した姿を来年も見たいと感じた・・・西条まつり

若者達もやるなぁ~とこの親父に感じさせた・・・西条まつり

何故か久しぶりの心地よい気持ちに・・・。

西条祭りを盛り上げてくれた若者達に感謝の気持ちをこめて・・・ありがとう。

[PR]

by kansai-g | 2007-10-19 07:47 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 06日

久し振りの高知

久し振りに高知自動車道を走る・・・。

おそらく8月のよさこい祭り以来で、こんなに高知に来ていないとは珍しい。

今回の目的は、
新分野(バイオマス燃料)の打合せと施工現場の状況確認を含めて~。

四車線化工事も大豊近辺位と後もう少しで対面通行部分が無くなるだろう。

途中立川PAで一息、まだ辺りの木々に紅葉の訪れを全く感じられなかった。
f0138879_728449.jpg

過去最高だった9月の気温が紅葉の時期を狂わせているのかも・・・。

今年は山の木々が彼方此方で枯れている光景をよく見かける・・・。
地球温暖化が加速されて植物達の進化が着いて行けない状況と感じる。

高知に着き~、
主目的のバイオマス燃料(竹)の製造工程の見学と今後の営業展開の
打合せと確認を済ませる。

日常の生活環境で使われていた竹が他の素材(金属・樹脂等)に
置き換わっている。

食材としての筍も中国の安価(安全性は?)な物へと食文化も変わってきた。

少子高齢化も手伝って、手入れ出来ず荒れ果てた竹林が今社会問題となる。
一方、地球温暖化防止対策として世界各国のCO2削減が叫ばれている。

その成長性の早さが社会問題となっている竹を、今までの化石燃料に換えて
燃料として活用し、CO2削減の一翼を担えばと・・。

ふと~Outdoor Lifeで竹のコップ・スプーン作りなど~
子供達に教えた事が脳裏に浮かんだ・・・。

おとぎ話のかぐや姫に登場する竹~、
すでに~無限の可能性を日本人は感じていたのでは・・・笑い。

[PR]

by kansai-g | 2007-10-06 07:49 | on (恩) | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 05日

四国の~秋祭り~

今月の10日位から五穀豊穣への感謝と願いを込めた秋祭りが始まる。

香川では豊浜のちょうさ祭りが有名であるが・・・。

愛媛県の秋祭りは別格でおそらく四国で一番ではないかと思う・・・、

川之江・新居浜・西条・松山と町内が祭り一色となり、企業・学校が休みとなる。

夏祭りの高知よさこいや阿波踊りと盆踊り的な性格が強いが、

秋祭りは、五穀豊穣の感謝と来年の豊作への祈りを込めた農耕民族である

日本人独特の文化に起因していて最も大切な祭りでなかったかと思われる。

毎年、新聞やニュースで新居浜の秋祭りで死亡記事が出るほどの祭りをどんなものか一度は体験したい。

過去に一度も愛媛の秋祭りを見ていないので、今年は是非スケジュールを調整し、新居浜と西条の秋祭りを体験し楽しんでみたい。

[PR]

by kansai-g | 2007-10-05 20:28 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 05日

我が家の食卓で~秋を~

前と比べると回数が少なくなったが、時々Home Partyを楽しんでいる。

今回のきっかけは、たまたま秋の味覚の王者「松茸」(中国産)が手に入り、
友人のKさんが考えたメニューに・・・・・いつも感心する。

栗や紅葉の葉をあしらい・・・心にくいばかりの秋を感じさせる演出・・・。
食材も季節感あふれるものばかり・・・。
f0138879_1943851.jpg

イイダコ、シシャモ(雄)、貝柱、牡蠣と旬の海の幸・・・。
松茸、舞茸、しめじ等の茸類の是もまた旬の山の幸・・・。

まず卓上の炭火で魚介・茸類を焼く・・・・・美味い!。
f0138879_191328.jpg

隣は鍋料理と・・・・・秋を堪能する。
f0138879_1913958.jpg

今治の出張でしたためていた「八木酒造の辣」・・・・辛口の地酒がよく合う。
f0138879_19262991.jpg

仲間と秋を満喫しながの談笑・・・・・楽しいひと時を・・・。

仲間の一人Sさんのオカリナの音色~♪が・・・・・さらに秋を感じさせる・・・笑い。
[PR]

by kansai-g | 2007-10-05 19:35 | グルメ | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 05日

島根~香木の森~

毎年10月~11月頃は比較的遠距離のoutdoor lifeを楽しんでいる。

季節も秋の気配と場所によれば紅葉を愛でたりと自然を満喫できる。

仲間達と何年か前へ、

島根県の邑南町にある香木の森のバンガローでアウトドアライフを楽しむ。

先ず石見海浜公園の中四国地方最大規模誇る水族館 「アクアス」へと向う。

シロイルカを初めて見た水族館で印象に強く残っている。
f0138879_21445297.jpg

f0138879_2148797.jpgf0138879_16324966.jpg









水族館を満喫した後、今晩の食材を浜田市内のお魚センターで調達し、

浜田自動車道の瑞穂ICで降り、香木の森公園のバンガローへ到着。


f0138879_16402365.jpgf0138879_16404010.jpg









公園内にある「香遊館」霧の湯の露天風呂で・・・のほほん~・・・と体を癒す。

夕食は日本海の海の幸を肴に皆で談笑しながらの大勢での楽しい食事・・・。

翌日は秋の時期ならではの伝統芸能の「石見神楽」を楽しませていただいた。

f0138879_17102341.jpgf0138879_17103440.jpg








帰る途中に立寄った大朝鳴滝露天温泉・・・湯質は最高!。
f0138879_17292617.jpg

今回は行けなかったが、世界文化遺産に今年登録された「石見銀山」を取り入れたコースを是非仲間達と次回には訪ねてみたいものだ・・・。

四季の中で秋が段々短くなっている状況に地球温暖化を感じる・・・。

今年は9月の異常気象で紅葉が遅いかも・・・

童謡の小さい秋見~つけた~のフレーズが思わず・・・・・短い秋見~つけたに・・・笑。

[PR]

by kansai-g | 2007-10-05 18:23 | Outdoor Life  山河 | Trackback | Comments(0)