On(恩)& Off

kansaig.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 26日

麻雀遍歴(3)~実戦の夜明けが始まる~

大学生になって、下宿で一人暮らしの生活が始まる。

北陸地方の福井は特に雪が多く、冬場はoutdoorでの行動には制限がある。
こんな諺があるくらいだ 弁当忘れても 傘を忘れるな!。 
冬場は傘と長靴は必需品、とても四国の人には信じられないだろうが・・・。

高松育ちの私は、こんな馬鹿な体験もしてしまいました。

多少の雪でもスニーカーで大丈夫とタカをくくっていたのが大間違い、
福井の雪は水分が多く、靴下までびしょ濡れ・・・笑い事で済まなかった。

6畳一間の下宿に帰っても、部屋には今みたいに、テレビやパソコンもない。
あったのは電気ポットひとつだけ・・・これが現実でした。
丼にチキンラーメンを入れ、電気ポットで沸かした湯を注ぐ~3分待つ・・・。
本当に重宝しました~またチキンラーメンが美味かった・・・笑い。

こんな生活環境で唯一の娯楽といえば、麻雀くらいしかなった・・・。

f0138879_14573571.jpgf0138879_14574837.jpg









最初は部屋で、同じ下宿の先輩・同級仲間とやぐらコタツで麻雀を・・・暖かい。

故郷の事・大学生活の事を話しながら麻雀を楽しむ・・・勝ち負けは二の次。
ほとんど毎日麻雀をしていたら、勝ち負けは二の次と言っても、最後は点棒を計算する。
勝つ人、負ける人が何ヵ月単位でみれば決まってくる・・・何故だろう??。

回数が多く、短期間の内に麻雀の知識・技術力を先輩からも学び取る。
これも小学生の時からの麻雀経験での基礎が役に立つ。

麻雀の知識・技術力に多少の経験が加わり、勝つ確率がより高くなっていく。
しかし、下宿仲間や同学部の仲間と何時もメンバーが決まっていた。

この事が後で大きな問題点になっていく、
所詮井の中の蛙に未だ気が付いていない。

ある日、大学の近くの雀荘 東南荘 をのぞいてみた。
眼光の鋭い怖そうな先輩達(網野のSさん・能代のAさん、後には大事にしてくれました)の麻雀を後ろから見ていたら、打ち方が全く違うし迫力を感じた・・・何なんだろう・・・?。

これはレベルが違うと、今先輩達と麻雀をすれば確実に負けると思った。
中国四千年の歴史から生まれた麻雀、奥が深くそう易々とはいかない事を知る。
麻雀の知識・技術力に経験ともう一つ何か学び取らないと先輩達とは麻雀できない。

その何かがつかめないまま相変わらず、いつものメンバーで麻雀を楽しんでいた。

そこで、ある事に偶然気づいた~次回のお楽しみに・・・笑い。

[PR]

by kansai-g | 2008-01-26 19:09 | 麻雀遍歴 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 26日

小倉で~OLDIESの店を~

仕事の打合せや仕込みを兼て小倉へ出張する。

岡山駅で博多行きの山陽新幹線のぞみ5号に乗車する。

一番新しいN700系の車輌だったので、記念にと思い写真を撮る。

f0138879_15265273.jpgf0138879_1527998.jpg








見た目になかなかスマートな車輌で、空力的にも空気抵抗が少なそうなマスクと車輌重量も軽そうで、
昔の新幹線ひかりのイメージとは大きく変わっていた。

前回ブログにも書いた、フランスのユーロスターよりもN700系の方が、はるかに車輌性能は超えているのではとさえ感じた。

    参考(パリ~ロンドン間が2時間に)

小倉まで1時間40分の所要時間で着く・・・ハヤイ・・・驚き。

小倉で客先との待ち合わせ場所の店が、井筒屋本館の近くの OLDIES 、

店の雰囲気も、1960代のアメリカを感じさせる・・・。

大昔、オールデイズの店は大阪等のキャバンクラブなど知ってはいたが、もともとライブハウスでステージがメインで喫茶店ではない。

f0138879_1557691.jpg
 f0138879_1559428.jpg 












客先が10分位遅れたのが幸いし、待ち時間に写真が撮れた・・・笑い。

BGMは、勿論オールデイズの曲が流れていた。
f0138879_163648.jpg

そんな雰囲気の中で食事しながらの商談を・・・、

アメリカンポップスの心地よい懐かしい音~♪ を聴きながら・・・笑い。
[PR]

by kansai-g | 2008-01-26 16:20 | on (恩) | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 24日

麻雀遍歴(2)~基礎期間の高校時代~

高校時代は自称真面目な高校生で、たまにしか麻雀をした記憶しかない。

ベンチャーズのエレキギターの音に衝撃を受けた時期でもあったし、

これでも、しがない大学受験生の一人でしたので・・・笑い。

当時人気TV番組の11PMで大橋巨泉の麻雀シーンがあった、

牌の切り方や手作りの仕方をセオリー通り教える画面に成程と教えられた。
f0138879_1455832.jpg

余談ですが、11PMは当時としてはかなり前衛的なTV番組でオープニングに

バニーガールの怪しいげな微笑(モナリザの微笑みとは違う)から始まったかなぁ・・・。

今はセミリタイアしているが、司会の大橋巨泉は多芸・多趣味で放送作家や

音楽(JAZZ)・野球・競馬評論家は勿論、ゴルフ・麻雀・俳句・英会話などマルチタレントのパイオニア的存在でした。

後に国会議員になるも突然やめた事は私なりに彼らしいと評価している。

毒舌の司会はビートたけし以上で世の中をあらゆる角度で切り込み、的を得ていた。

今風にいえば島田伸介と言った方が解りやすいかもしれない。

パイロット万年筆のCM みじかびの きゃぷりことれば すぎちょびれ すぎかきすらの はっぱふみふみ が大流行となり、

とても懐かしい・・・笑い。

今思えば大学時代に本格的に麻雀をする基礎の期間だったかもしれない・・・。

[PR]

by kansai-g | 2008-01-24 20:32 | 麻雀遍歴 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 23日

仕事を終えて~金沢へ~

柏崎の現場段取りも終えて、帰路に着くが時間帯からみても
富山泊か金沢泊となる。

孫達との約束をしているし、内心望んでいた金沢泊に即決めた・・・笑い。

幸い協力会社の社長が富山なので、富山駅まで同乗させていただいた。
車中の2時間位の話で、四国での仕事が長かった事を聞き話が弾み
楽しい時間を共有できまして・・・本当にありがとうございました。

糸魚川を過ぎた辺りからの北アルプスの風景に感動を覚える・・・。
f0138879_19461017.jpg

富山駅から特急サンダーバードで金沢へ到着、辺りはもう暗くなっていた。

香林坊付近のビジネスホテルに宿泊するとの連絡を入れると、
程なく孫達がやってきた。

何が食べたいか~と聞くと、孫達が爺ちゃん「お寿司が食べたい」と・・・
鱒すしも食べたし今回は何かとお寿司に縁があるなぁ~大笑い。
f0138879_204122.jpgf0138879_2042452.jpg






孫達の成長した姿や話と、仕事の段取りがついた事も手伝って~

北陸のこの時期ならではの海の幸甘エビや寒ブリ・イカ等の刺身
(名物のゴリは少なくなっていた)を酒の肴についつい日本酒が・・・笑い。

孫達へ・・・楽しい時間をありがとう・・・今度は高松においでまいよ~。
[PR]

by kansai-g | 2008-01-23 20:25 | on (恩) | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 20日

麻雀遍歴(1) ~麻雀との出会い~

麻雀の事は余り書きたくなかったが、ある事が切欠で書いてみようと・・・。

今は麻雀をする事が仕事上で必要なくなってしまったが、

客先との営業上一つの道具だった時期があった、今の営業マンには信じ難いと思いますが・・・。

妻がゲ-ム機(Wii)で麻雀をしていると、どの牌を捨てれば良いか聞かれ、

教えていく中で、一度自分でもしてみたくなった・・・笑い。

丁度役満の大三元をあがった局面です。

私は捨牌の西をきった時に聴牌していました。

対面より当り牌の一万が出るがスルーして、尚且つ白もカンもせず、

機械相手でも大三元の聴牌を悟られない様にして發をつもって

無理やり役満に持っていったあがりでした、少し強引過ぎるかなぁ~(笑)
f0138879_2001580.jpg

私と麻雀の出会いは、多分小学校四年生位だった思う、

父や伯父さんと又は高等学校の教師に手ほどきを受け夏休み・冬休みに・・・・。

当時はあがり役を知らなくて、白・發・中の役牌をないてあがる位しか出来なかった。

しかし今思えば、使っていた牌は象牙と竹でまさしく本物であった、今買えば高いかも・・・。

役を覚え、手づくりも出来始めた・・・段々楽しくなっていく。

大人が相手なのに勝ってしまう事もあった・・・ビギナーズラックと後で知る。

父に麻雀は「一生に同じ手は二度と来ないよ」とよく言われました。

後に、中国四千年の歴史から生まれた麻雀の奥深さ知らされる事に・・・笑い。

今日は序なので、このあたりで失礼・・・退席。

[PR]

by kansai-g | 2008-01-20 20:03 | 麻雀遍歴 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 20日

新潟(柏崎)出張~番神現場にて~

柏崎の現場での打ち合わせ前に、事前に海側より現場全景を下見した。

普段あまり積雪しないと聞いたが、前日よりの寒波で30cm位積っていた。

中越地震の為、
山側の造成した団地の家屋がなぜ倒壊しているのか解らなかったが~?
帰高して柏崎付近の地質図を見て初めて理解できた。

柏崎付近の地層は砂岩と泥岩の互層で、四国の和泉層群の砂岩と異なり、
砂質土の固結度が低く地層的にも比較的年代が新しい地層である事を知る。

今日も雪の降る中、家屋の解体作業の10数人の人達が作業をしていた。

たまたま現場確認中に解体後の建替えの地主さんと話す機会があった。
建築前に地盤調査をしとけば、こんな事になっていなかったのではと・・・。

今秋まで建築しないので法面補強工事の作業ヤードとして使ってくださいと~。

御主人の一言に、気持ちを察して余りある心遣いに感無量の気持ちに・・・。

今回の防災工事をする客先や富山から来て頂いた我々の協力業者との間に
何とかしなければとの心構えが出来き~もし自分の家だったら~との気持ちになった。

3時間位の現場打合せや搬入段取り打合せが終わった時、
ふと海の方向に目をやった。

今まで気が付かなかったが、
遥か向こうに佐渡ヶ島がぼんやりとその姿を見せていた。
f0138879_1747126.jpg

また右手に視点を振ると、東電の刈羽原発と送電線の鉄塔が見えた。
f0138879_17471928.jpg

刈羽原発も同じ地盤で多大な被害が出た事は記憶に新しい。

話は変わるが、
番神堂は日蓮上人が流刑を許され佐渡ヶ島からの本土に上陸する際、
嵐に会い流されてたどり着いた場所が番神岬で、感謝の気持ちから~
番神堂が建立され、日本三大番神堂の一つと後で知った・・・。

去年の大晦日「ゆく年くる年」で除夜の鐘が・・・・・・放映されていた。

[PR]

by kansai-g | 2008-01-20 17:29 | on (恩) | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 19日

新潟(柏崎)出張~鱒すしでタイムスリップするとは~

新潟県を訪れるのは二回目だ。

防災対策の打ち合わせで昨年の山古志村の現場以来だった。

前回は高松より東京まで新幹線、
東京からは上越新幹線で浦佐駅で降りたが、
今回はルートを変えて北陸本線経由の新潟行きを選んだ。

高松を朝8時23分発のマリンライナーで予定どうり出発する。

岡山からは新幹線ひかりレールスター446号で新大阪に向かう。

新大阪から北陸本線の特急サンダーバード15号にて金沢駅へ~
向かう予定がJR湖西線の人身事故の為、
米原経由となり金沢到着が予定より約50分位遅れた。
f0138879_15422865.jpg

途中北陸トンネルを抜けた南条駅付近の車窓からの風景は、
四十年前と変わらぬ風情が特に印象的でした・・・・・
北国に来た~と感じる・・・笑い。
f0138879_15443979.jpg

金沢駅で接続していた信越本線特急北越5号に間に合わず、
次の北越7号の出発は16時48分と金沢駅で3時間位時間待ちとなった・・・。

孫たちが金沢に居るのでTELしてみたところ駅までわざわざ来てくれて~
3時間位の時間調整に付き合ってくれた・・・・・
久しぶりの再開で~ありがとう・・・・・微笑。

仕事の打合せ段取りが順調につけば、
帰りに金沢での一泊の約束を孫達とする・・・・・。
f0138879_15455919.jpg

当初は新潟市内で客先と会食の約束していたが、事情説明しキャンセルする。

富山駅付近で車内販売の鱒すし(富山名物)と茶を買い・・・・・
独りさびしい夕食となる・・・苦笑。
  f0138879_15571497.jpg
f0138879_1557281.jpg






鱒すしを食べながら思い出したのは、
四十年程前福井大学の軽音楽部の仲間と帰郷の際、
列車の中でワイワイ・ガヤガヤと一緒に鱒すしを食べた事をふと思い出した。

バンド仲間の山脇兄弟や児玉君・中塚君・木村君の・・・・・・
懐かしい名前が浮かんできた。

また仲間との懐かしい思い出や自分の青春時代の事(初恋の彼女???)を
思い浮かべながら鱒すしを一人寂しく食べる・・・笑い。

新潟駅に到着したのは~
予定より三時間半遅れの午後8時40分位になってしまった。

しかし、今回の駅弁の鱒すしが私を四十年前にタイムスリップさせてくれ、
又センチメンタルな気持ちになれたのも鱒すしの御蔭かなぁ~感謝・感謝・・・。

[PR]

by kansai-g | 2008-01-19 16:45 | on (恩) | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 14日

活気が戻った~田井さんの薔薇園~

私の趣味の一つになる切欠となった田井さんの薔薇園を久し振りに訪れた。

薔薇が咲いた(2007年7月24日投稿) 

友人田井さんのお兄さんが丹精こめて700種類、約2000株の薔薇園である。
毎年春と秋にご招待頂き、屋外での食事や歓談を楽しましていただきました。

ところが昨年の秋には薔薇の観賞の話が無く気になってました・・・。

後で話した時に解ったのですが、昨年の猛暑がお兄さんの体力を奪い
薔薇を手入れする気持ちもまでも無くしたと聞いた・・・とても残念でした。

その当時雑草を抜こうと夜中までもカンテラをつけて草抜き作業をしていたが、
30度以上の熱帯夜が続く異常な暑さが、体力と気力を奪っていった。

地球の温暖化現象は我々の身近に、又想像以上に早くなっているのでは・・・。
冗談で私に、週末手伝いにとの話があったくらいです・・・・・苦笑い。

ところが世の中不思議な事が起きるものです。

お兄さんが全く当てにしていなかった娘さん夫婦が、東京より突然帰って来た。

久し振りに訪れる薔薇園でお兄さんが楽しそうに笑顔で娘さん達と作業している姿に安堵の気持ちと、今年の春の薔薇園が楽しみだなぁ~・・・笑い。

ちょうどお邪魔した時は、単管パイプと木材で薔薇の直売所を作っていた。
今まで、ご近所の人達しか知らない「田井さんの薔薇園」ですが、
これを機会に宣伝してみたくなった。

後で田井さんに聞くと、兄貴の顔が段々元気になってきたと聞き安心しました。

猛暑の中枯れずに生延びた貴重な薔薇を頂き、早速家に帰り花瓶に・・・。
f0138879_16343654.jpg

ふと、人間万事塞翁が馬の諺が脳裏によぎり何か清々しい気持ちに・・・微笑。

田井さんのお兄さんへ、娘さん夫婦と元の薔薇園よりもっとすばらしい薔薇園に出来る事を願っていますと共に・・・お体大切に・・・頑張ってください。
[PR]

by kansai-g | 2008-01-14 16:52 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 09日

今年初めての~伯耆大山~

娘の家族達5人と、2008年初めての大山に~新年の挨拶

明けましておめでとうございます・・・笑い。

我々を何時もと変わらない表情で出迎えてくれ・・・今年もよろしくね~。

ゲレンデ状況は年末の寒波のお蔭で積雪は70cmとコンディションは・・・ OK。
f0138879_2141750.jpg

翌朝近くの大成池(おおなるいけ)付近へ行くと、

地面を覆っていた緑の草原は雪に覆われすっかり冬景色へと変わっていて、

湖面は鴨たちの憩いの場となっていた・・・。

f0138879_21131111.jpg

孫達はゲレンデで昨年と同様~ソリ遊びと雪だるま作りが楽しのか~一生懸命に遊んでいる・・・微笑。

f0138879_21485572.jpgf0138879_2149655.jpg






その姿を見て、ふと子供の時を思い出し自分もそうだったんだなぁ~・・・笑い。

丁度その時、ゲレンデ近くで自然環境の中で手造りアイスクリームを作る大山の森と水の小さなガイド屋さん のKHさんを見つけた。

面白そう~・・・是非孫たちにも是非体験させてみたいと・・・挑戦!。
f0138879_2217216.jpg

材料の卵と生クリームと牛乳砂糖を茶筒の缶の中へ入れ、竹箸3本でかき混ぜる。

十分にかき混ぜたら仕上げの抹茶を入れ、少し大きめの容器に辺りの雪と塩を交互に積め込み後は、

振ったり・投げたり・トスしたりと自由なスポーツをしている感覚で15分間くらい・・・遊ぶ~。

体が温まってきたら出来上がり・・・食べてみると以外に美味しい~KHさんありがとう・・・。

これでアウトドアライフのデザートのレシピが又一つ増えました・・・笑い。

f0138879_22431927.jpg

今年はラニーニャ現象で大雪の年と言われているが、

Co2による地球温暖化現象や太陽の黒点が活発に活動を始めたらしいとの情報もあり~こればかりは分からないが、

孫たちの普段見る事のない雪と戯れ遊ぶ姿を見ていて感じた事は、

せめて冬は冬らしくあって欲しいと思うのは私だけでは無いと思うのですが~・・・。

[PR]

by kansai-g | 2008-01-09 23:01 | Outdoor Life  山河 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 02日

新年の御挨拶

平成20年 新年のご挨拶       

新年明けましておめでとうございます。
昨年はお客様を始め皆様に大変お世話になり、
心よりお礼を申し上げます。
f0138879_14233157.jpg

昨年の建設業界の環境は特に地方公共事業の削減や、
過当競争による受注金額の下落等と厳しい経営環境に強いられました。

世界に目を向けるとアメリカのサブプライムローン問題による、
株価下落・為替は円高と、原油は過去最高と大きく動き、
世界の経済環境も不透明感が否めません。

今年も更に厳しい経営環境が予測され、
業界の淘汰・再編が再加速されるものと感じ、
優勝劣敗が明確になると考えています。

専門業者として弊社が生き残る為に、二つの施策を考えています。

一番目は本業のコアー部門(地盤改良・防災工事)の更なる強化に努め、
お客様に“安全を安心へ”及び“提案力をコスト削減へ”提供し~
他社との差別化を図る。

二番目は、弊社の専門性を活かし、弊社の従来顧客への提案型営業により
官需民需を問わずに工事を創り出す創造営業。

具体的に地盤改良による液状化対策等の地震対策工事や、
整備されたインフラやライフライン等の保守工事と地震対策工事と
掘起せばかなり有ると考えています。

しかし具体的に実行するのは人間です。

“企業は人なり”と先人の教えがある如く、企業は人なりまた“人は力なり”と。
社員共々に人間力の向上にも努め目標に向けて今年一年に望む所存です。

最後になりましたが今年も皆様の御支援・御鞭撻をお願い申し上げ、
グループ各社の今年一年の無事故・無災害とグループ皆様の御健勝を
心より願いまして~年頭のご挨拶とします。

[PR]

by kansai-g | 2008-01-02 08:38 | on (恩) | Trackback | Comments(1)