On(恩)& Off

kansaig.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キャンプ ( 20 ) タグの人気記事


2008年 02月 16日

春の訪れを感じさせる~蝋梅(ロウバイ)・紅梅の花~

栗林公園の梅の花も見ごろとなり、春の訪れを少しずつ感じる季節に・・・。

この時期は大山(山陰地方)でのウインタースポーツを楽しめる時期でもある。
昨年より積雪の量も多く、一昨年の積雪とよく似てきた・・・。
ラニーニャ現象の予測どうり・・・・・。
f0138879_12114012.jpg

よく利用する部屋は機能的で便利ではあるが、殺風景な一面も感じる。
たまたま付近の産直の店で見つけた蝋梅を自然流で部屋の花瓶に・・・・・。
f0138879_12163813.jpg

黄色の花ベンと香りが、部屋の空間を一瞬に変えてしまう・・・・。
f0138879_11525727.jpg

詫び・寂びの世界の奥深さを、改めて思い知らされる・・・笑い。

後日、紅梅の花を花瓶に・・・・・。
f0138879_13171250.jpg

鮮やかな紅色の花ベンと、お香の原料としても使われる香りが、
f0138879_13142111.jpg

我が家の空間に彩りと香りを・・・・・。
そんな彩りと香りに春の訪れを感じながら・・・笑い。
[PR]

by kansai-g | 2008-02-16 11:54 | Outdoor Life  山河
2007年 10月 05日

島根~香木の森~

毎年10月~11月頃は比較的遠距離のoutdoor lifeを楽しんでいる。

季節も秋の気配と場所によれば紅葉を愛でたりと自然を満喫できる。

仲間達と何年か前へ、

島根県の邑南町にある香木の森のバンガローでアウトドアライフを楽しむ。

先ず石見海浜公園の中四国地方最大規模誇る水族館 「アクアス」へと向う。

シロイルカを初めて見た水族館で印象に強く残っている。
f0138879_21445297.jpg

f0138879_2148797.jpgf0138879_16324966.jpg









水族館を満喫した後、今晩の食材を浜田市内のお魚センターで調達し、

浜田自動車道の瑞穂ICで降り、香木の森公園のバンガローへ到着。


f0138879_16402365.jpgf0138879_16404010.jpg









公園内にある「香遊館」霧の湯の露天風呂で・・・のほほん~・・・と体を癒す。

夕食は日本海の海の幸を肴に皆で談笑しながらの大勢での楽しい食事・・・。

翌日は秋の時期ならではの伝統芸能の「石見神楽」を楽しませていただいた。

f0138879_17102341.jpgf0138879_17103440.jpg








帰る途中に立寄った大朝鳴滝露天温泉・・・湯質は最高!。
f0138879_17292617.jpg

今回は行けなかったが、世界文化遺産に今年登録された「石見銀山」を取り入れたコースを是非仲間達と次回には訪ねてみたいものだ・・・。

四季の中で秋が段々短くなっている状況に地球温暖化を感じる・・・。

今年は9月の異常気象で紅葉が遅いかも・・・

童謡の小さい秋見~つけた~のフレーズが思わず・・・・・短い秋見~つけたに・・・笑。

[PR]

by kansai-g | 2007-10-05 18:23 | Outdoor Life  山河
2007年 09月 01日

紅葉の~富郷渓谷~

秋のOutdoor lifeは山河が一番似合うのかな~。

愛媛県銅山川の上流に位置する富郷渓谷の紅葉は、キャンパーとしてお奨めの場所の一つである。

f0138879_7342444.jpg

洪水調整や用水・発電の為富郷ダムが建設され河の水量は多くはないが、訪れる人が少なく景観を充分に楽しめる。

炭火でじっくりと焼いたアメゴの塩焼き~Oさんの待てない笑い・・美味しいそ~

f0138879_7403117.jpg

現地調達の竹に巻き付けたネジパンも・・・・・・大好評。

f0138879_743922.jpg

仲間たちと富郷渓谷の自然との一体感を感じながら~紅葉を愉しむ。

f0138879_7453320.jpg

こんなロケーションに一番似合うのは、作家の故「開高健」くらいだろうか~。

ウイスキーのハーフロックを片手に・・・サントリーの懐かしいCM~が聴こえてきそう~。

大袈裟な装備や機材がなくとも、自然を充分に満喫でき、

これぞOutdoor lifeの真骨頂と感じた・・・秋はいいなぁ~全員笑い。

[PR]

by kansai-g | 2007-09-01 07:51 | Outdoor Life  山河
2007年 09月 01日

秋の訪れ~二本栗キャンプ場

香川県仲南町の野口ダムから県道4号線を阿讃山脈の東山峠を越え、

徳島県三好郡東みよし町に少し下った所に二本栗キャンプ場がある。

地名が示す通り、栗の木が多い~他にくるみの木などもあり鄙びた感があるが、

それも又よしで(笑)・・・・個人的には好きだ。
f0138879_6184132.jpg

利便性や機能性を求めれば此処の場所は訪れる事のないキャンプ場だろう。

その反面、自然を意識することなく感じれる場所でもある。

テントやタープの設営が済むと、付近の散策をし持ち帰った現地調達の素材で、

自称自然流免許皆伝の腕前で創作華道・・・・・笑い。

f0138879_611167.jpg

夜空には満月の月が~秋の訪れを・・・・・。

f0138879_655961.jpg

一句浮んできそうなロケーション・・・・・。

栗の木が 月の明かりに いがいがを ・・・・・・・・・大苦笑。

[PR]

by kansai-g | 2007-09-01 06:19 | Outdoor Life  山河
2007年 08月 19日

奥二重かずら橋の祖谷川で水浴び~

剣山を後にし、30分位に位置している奥二重かずら橋へ向かう。

剣山を源とする祖谷川のせせらぎと野鳥が囀る周りの木々に一服の涼をいただいた。
f0138879_12363586.jpg

一番奥に架かっているかずら橋のすぐ隣に野猿がある、人力ロープウェイと表現したほうが解りやすい(笑)
f0138879_12425670.jpg

野猿を往復し、かずら橋を渡るが見慣れた顔が見えない?・・・

高所恐怖症の為、一番下の孫娘を抱いて先に河原に降りていた・・・笑い。
f0138879_1247376.jpg

橋の袂から川へ降りる道があり、孫達は直ぐに見つけた~ここから例のサンダルの出番となる。
f0138879_13151453.jpg

f0138879_13152528.jpg

裸で水遊びを楽しむ孫達、さぞ水温は冷たかろうとの心配無用と、

つい自分の少年時代を思い出した~笑い。

無邪気に遊ぶ孫達の姿を見て、地球温暖化現象で今の環境と違っていたらどう行動するのかなぁ~

との空想が爺の脳裏を掠めた。

Outdoor lifeを通して~孫達に少しずつ自然環境の大切さを教えて行く事が出来ればと・・・・・。

[PR]

by kansai-g | 2007-08-19 12:37 | Outdoor Life  山河
2007年 08月 19日

初めての登山~日本百名山 剣山(標高1955m)~

コテージ付近を早朝散歩する。

外気温も体感温度で20度位と気持ちいい、空は雲一つ無い晴天。
f0138879_1551162.jpg
野鳥のさえずりをBGMに森林浴・・・・・心地よい朝の散歩だった。
f0138879_15104141.jpg

朝食をすませ、上二人の孫達に部屋の片付けとお掃除のお手伝いを~。

自分達が使い汚した部屋を元通りにする事は当り前との事と教える。

基本的に旅館やホテルには宿泊しない孫達との旅行には、そんな事を体験さす目的もある。
f0138879_10184622.jpg

コテージに   全員で一泊のお礼を・・・・・・有難う。

剣山の見の越方面へ向かい、30分位でリフト乗り場へ到着。
f0138879_15164273.jpgf0138879_15165488.jpg







f0138879_10333037.jpg

リフトで見の越駅(標高1420m)から西島駅(標高1750m)に15分で到着。

ちなみに、娘婿は高所恐怖症でちょっとキツカッタかも・・・・・笑い。
f0138879_1533507.jpg

爺の指導が悪かった、孫達の靴はサンダルと海水浴スタイル。

トレッキングシューズ無しで、ここら辺りが孫達の限界と感じ途中で下山する。
f0138879_10593459.jpg

西島駅の展望台からの眺望を楽しみながら一息の休憩をとる。
f0138879_1536452.jpg

すばらしい眺望に皆が感動を覚えたかなぁ~・・・。
f0138879_15435219.jpg

今度は下りのリフト、上る時より高さを感じる。
f0138879_15483042.jpg

娘婿は内心恐怖感で顔が緊張していた・・・・・・・大笑。

ここでハプニングが起きた、一番下の孫娘のサンダルをリフトから落とす。

見の越駅に着き落とした場所を説明すると、30分位かけて回収~。

駅員さんにお世話になり、有難うございました。

こうして剣山の初登頂はお預け、次回の楽しみに取って置こう。

[PR]

by kansai-g | 2007-08-19 10:39 | Outdoor Life  山河
2007年 08月 19日

中尾山高原で~グラススキーに初挑戦~

久し振りに中尾山高原のコテージを訪ねた。

前回は娘夫婦と生後3ヶ月の孫1人と来た事を思い出した。

7年前、同じコテージでキャンプした当時と少しも変わっていない自然環境は相変わらず すばらしい!。

変わったのは、孫が3人に増えた事かなぁ~笑い。

この日下界は36℃と猛暑でしたが、コテージの爽やかな風が心地よく感じた。

標高1000mの中尾山高原の自然環境が与えてくれた恵みに感謝。

この環境に孫達はじっとしている筈が無い(笑)滑り台を見つけ3人で戯れていた。

f0138879_8455711.jpg

滑り台の戯れの後、孫達にグラススキーに初挑戦させたと言っても、ちびっ子ゲレンデでのソリですが・・・、

はじめは少し恐怖心を感じたのか、手足を使うので転倒する。

f0138879_8365156.jpg

少し指導してやるとその内に要領がつかめたのか、何時ものパターンと同じで・・・、

f0138879_8371334.jpg

滑っては登りを何十回も繰り返し(笑)GSを楽しんだようだ。

高原付近の自然は栗や萩の花 またトンボと、
f0138879_8515638.jpg

f0138879_852835.jpg

早くも晩夏を感じた中尾山高原。

定番のカレーライスを全員で談笑しながらの夕食の後は、お待ちかねの花火、

f0138879_9105438.jpg

空気が澄んでいて、満天の夜空と星がとてもすばらしい。

あっ流れ星がと孫達も感動。

この環境を何時までも変わらない様にするのは 人間の責任と義務かなぁ・・・。

[PR]

by kansai-g | 2007-08-19 08:28 | Outdoor Life  山河
2007年 08月 18日

中尾山高原の自然~野鳥~ 

中尾山高原のコテージでのキャンプ2日目の日。

朝の散歩途中、コテージ近くで見かけた野鳥(鳥名・・?)
f0138879_18141762.jpg
剣山への登山のため、見の越のリフト方面へ車を走らせる。

コテージを出てから10分位の所で、道路のすぐ横の木に鳥が止まっているのを見つけた。

早速車を止め、鳥が飛ばないうちに愛機のデジカメで運転手席からのワンショット。
f0138879_2033886.jpg

今まで、こんなに近くで自然界の野鳥を見るのは初めてだ。

帰宅し野鳥図鑑で調べてみると キセキレイ?・・・らしい。
f0138879_20411752.jpg

写真撮影後1~2分程車を走らしていた時、右カーブの道路上でトンビがヘビを捕まえ突然離陸した瞬間を目にした。

孫達もしっかり見ていて、爺に飛び去る トンビがヘビを~と珍しくも貴重な光景を目にした。

ただし、余りにも一瞬の出来事で写真撮影出来ず!・・・残念。

剣山登山後、祖谷川を30分程下った所にある奥かずら橋へ・・・、
f0138879_2056641.jpg

野鳥の余りにも動きが早く、シャッタースピードが付いていけず・・・腕か~苦笑。
f0138879_2104558.jpg

野鳥図鑑で調べるが、鳥名・・・・わからず。

私自身の人生の中でも経験した事が無い程、すばらしい剣山山系の自然。

今回孫達と一緒に経験し感動した事で余計に感じたのかも知れない。

孫達とすばらし自然環境を体感出来た事と大切さを教えてくれた事にありがとう・・・感謝(笑)

[PR]

by kansai-g | 2007-08-18 20:14 | Outdoor Life  山河
2007年 08月 18日

恐るべき脇町の蕎麦屋 楽庵

約束していた孫達との夏休のキャンプ先を 中尾山高原コテージに決めた。

約7年前、一番上の孫が生後3ヶ月の時に訪れて以来だ。

食材調達等の準備をしていると、たいてい昼前位が脇町付近となる。

何時も昼食の場所は、脇町の隠れた穴場 蕎麦屋楽庵。 

本格“出石皿そば”を四国で味わえる唯一の店。
f0138879_18502793.jpg
f0138879_18583851.jpg

      皿そばと                    うだつの瓦をイメージした
                                     稲荷ずし
 f0138879_12283564.jpg
f0138879_12285335.jpg








現場打合せで何回も出石町・但東町に行っていた関係で、本場の皿そばを観光化されない地元の人が食べる食堂で頂き本物の“出石皿そば”の味をっていましたが、

それ以上と・・・。

恐るべき讃岐うどんをもじって恐るべき脇町の皿そばかぁ~と・・・笑い。
f0138879_19242367.jpg

今晩の酒の肴に、静岡より取り寄せた本わさびの茎の部分を千切りにして、

かえし(そばだしのもと)で漬込んだ本わさびのかえし漬けをお持ち帰りとした。
f0138879_19344365.jpg

孫達も、美味しい“皿そば”に、 ジィジー おいちぃ~と(笑)・・・ご馳走様でした。
[PR]

by kansai-g | 2007-08-18 18:09 | グルメ
2007年 08月 05日

神話のふるさと 奥出雲~海水浴が温水プールに

奥出雲の古民家での楽しい一泊の翌日は海水浴を予定していたが、台風4号の影響で無理と判断した。

木次ICへ向かう途中に、おろち湯ったり館を見つけ温水プールがあるとわかり、

孫達と海水浴の約束していたので急遽(笑)温水プールが海水浴場へと変身する。
f0138879_17264863.jpg

上の兄弟2人は高松の渇水の影響でプールの時間が無かったのか、満足そうに泳いでいた。

下の孫は2歳になったばかりで、お父さんに抱かれてプールを楽しむ。
f0138879_18194541.jpg

予定時間が長くなるのも何時もの事と・・・(笑)、爺も雲南の大地よりの湧き出る温泉を楽しむ。

温泉の後は、米子方面へと車を走らせ食材調達に新鮮市場へ向かう。

台風の影響で漁に出てないと期待していなかったが、岩カキを見つけた。

朝、殻を開けているので加熱料理にしか使えないが、何時もの半額以下と安い。

今晩の主役は、旬のイカ刺身と岩カキはバター焼きとメニューが決まる。

社員旅行で手に入れ今日までしたためていた清酒竹鶴を娘婿と酌み交わす。

単身での東京の仕事振りや世情を肴に飲む、美味い~笑い。

さすがに竹鶴さん、何を造らしても巧い、参りました~m(_)m

何時も見慣れている大山でしたが、台風の影響で一瞬しか顔を見せなかった。
f0138879_18402267.jpg

手前に見える、ナナカマドの木が青い実を付けていた。
f0138879_18473821.jpg

11月頃には、実も葉も赤くなり大山の紅葉の主役となるだろう。

[PR]

by kansai-g | 2007-08-05 18:51 | Outdoor Life  山河